妊婦の方へ

当院の妊娠中の治療について

赤ちゃんが生まれてきた時のお口は無菌状態ですが、3歳までに家族から細菌が感染していくと言われています。
そのため、お母さんの歯が細菌だらけだと、生まれてきた赤ちゃんのお口の衛生状態を保つことができません。赤ちゃんが生まれてくる前に、お母さんの歯もしっかりと赤ちゃんを受け入れる準備をしておきましょう。

 

当院は、医療器具の滅菌・消毒を徹底しているのはもちろんのこと、患者さま用のスリッパも殺菌処理をしておりますので、妊娠中でも安心して来院いただくことができます。
また院内はバリアフリー設計で、トイレも広く妊婦さんでも使いやすいようになっております。妊娠中に治療を受けることへの不安もあるかと思いますが、豊富な経験と専門的な知識を活かして、適切な時期に適切な妊婦歯科治療を受けていただけるようアドバイスをしておりますので、妊婦の方にはお早めのご相談をおすすめしています。

妊婦検診のメリット

妊娠するとつわりなどで丁寧な歯磨きが難しくなり、口腔環境が悪化しがちです。女性ホルモンの増加によっても歯周病菌が活性化し、歯周病になりやすい時期でもあります。
また食生活の面でも、酸っぱいものが食べたくなったり甘いものや間食が増えたりと不規則になりがちです。妊娠中は普段の何倍もむし歯のリスクが高い状態になっていますので、妊娠中の口腔トラブルを避けるためにも歯科検診は特に大切になります。

妊婦の歯科検診の受診のタイミング

妊婦の歯科検診は、つわりの時期を過ぎた4ヶ月頃がおすすめです。
この時期に検診を受けていれば、もしむし歯などが見つかったとしても安定期の間に治療を受けることができます。

妊婦の歯科治療のタイミング

放置していたむし歯が出産間際になって痛みが出ては大変です。治療は5〜8ヶ月の安定期に受けるのがおすすめです。
痛みがあっても、妊娠中は抜歯や薬を飲むことが難しいため、どうしても我慢できない痛みについては応急処置のみとなる場合もあります。
妊娠がわかった段階で、早めに検診を受けていただくほうが良いでしょう。

出産後、母子ともに歯が健康であるために

出産後は、お母さんの歯の健康を守っていただきたいのはもちろんですが、赤ちゃんのお口のケアも必要になってきます。
歯が少し生えてきた頃、乳歯が生えそろった頃など、成長の段階によってケアの内容や気をつけるべきことは変わっていきます。お子さまが将来に渡ってずっと健康な歯を保つためにも、幼少期の口腔ケアはしっかりと行うようにしましょう。
当医院の副院長は小児歯科を専門としており、2児の母でもありますので、乳幼児の口腔ケアについては実体験に基づいた具体的な提案をすることができます。
些細なことでも心配なことがありましたら、何でもご相談いただければと思います。

お子さまと一緒に安心して通院していただけます

当院ではお子さまと一緒に通院していただけるように、キッズスペースの確保、授乳室やおむつ取り替え台の設置、お子さまが楽しく来院できるような内装・外観、治療中に見てもらうDVDなどをご用意しております。安心してお越しください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、埼玉県鶴ヶ島市にある おひさま歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 問診票はこちらから
  • 初診予約はこちらから
staff staff blog